M's Bar/男の書斎・別室

500c エッセエッセKONI試乗

アバルトの試乗をして来た。

素のアバルト500ではなく、オープン仕様の「c」というグレードで、かつ以下のエッセエッセ、KONIのダンパーを積んだ豪華な車種。

http://www.abarth.ne.jp/blog/?p=4549

試乗したのは、MTではなく、クラッチレスの2ペダル、パドルシフトでのMT、またATモードもあって、ボタン一つでご主人用と奥様用に切り替えられるシステム。これは便利だ。一台で全てを済ませるホットハッチとしてGoodな機能だ。しかし素のアバルト500は本国やアメリカにおいてもMTのみで、2ペダルのクローズドボディが現在まだ用意されていないのは残念である。

いざクルマに乗り込むと、フロントビューの視界は狭く、アイポジションが高い。その高さはエリーゼには比べるまでもない。意外なほど、今乗っているHonda Fitのポジションに似ている。つまり普通の実用車の視野だった。ある意味で、アバルトに乗ったことでフィットのシート設計が優れているとも感じた。

街中での乗り味はいたってまろやかで、脚の硬さをほとんど感じなかったことに、非常に驚いた。

普段使いに何らの支障もないだろう。エリーゼは道路の継ぎ目で上下に飛び跳ねる。一瞬、ノーズかボディの底面を擦ったかといつも勘違いさせられるほどだから、それに比べれば、大変に高級な乗り心地で、加えてドライバーも選ばない。

そう、アバルトはファンcarなのだ。

ファッションカーと言ってもいい。アバルトはつまりアイコンなのだ。

今回は市中での試乗であって、サーキットを走らせた訳ではない。しかし、常用域の速度からでも、このクルマはカリカリにチューンupしていってサーキットを本格的に攻めるためのクルマでないように感じた。

そう捉えるべきだ。なぜならアバルトよりもよっぽどチューンに適したベース車両は他に沢山あるからだ。サーキットを一秒でも早く走りたいのなら、アバルトである必要はない。

だからアバルトは、普段街の中で、あるいは旅行に出かけてちょっとした峠道で、fiat500からドーピングしたアバルト具合を愉しむといったことが似合う。普段の生活シーンでクルマを使う時に、「愉しいな」と思える設計、仕上げをしている。

試乗の前に想像していたよりも、ずっと地に足が着いていて、よい印象を持った。アバルトはファミリーcarだ。

都会の狭い道路にマッチするスモールサイズ。都会に溶け込む洒落た外観。都市生活者にぴったりのクルマである。

何よりエクステリアデザインは、まるでボストンテリアかフレンチブルドッグだ。可愛らしく感じる感情は、ペットに対するそれに近いものがある。通勤などで毎日使うのでなければ、クルマには実用性ばかりが求められる訳ではない。可愛らしいペットを飼うような感覚を所有者にもたらせられるクルマは他にそうはないだろう。

従って、極めて優れたクルマだ。コンセプトもいい。性能もいい。デザインもいい。値段も手ごろ。良家の子女に好まれる現代版「boys racer」である。

以下、項目ごとに順不同で記す。

《ブレーキ》
オーバーサーボ感がない。乗用車ライクだ。
09年の冬に購入の一歩手前まで考えたAUDI A3のような、神経質とも言えるカックンブレーキではない。助手席に座って安眠を邪魔されることはないだろう。

《ステアリング》
車格に対して随分と口径が大きい。「オレはいまクルマを運転しているのだ!」とドライバーに認識させるための演出と思われる。こういう分かりやすい過剰さは嫌いでない。

《後席》
狭い。成人男性が長時間乗るのは厳しいだろう。子供限定かもしれない。


e0172470_122452.jpg


e0172470_1221670.jpg

e0172470_1223448.jpg

e0172470_1224116.jpg

e0172470_1224759.jpg

e0172470_1225443.jpg

e0172470_123042.jpg

e0172470_123715.jpg

e0172470_1231561.jpg

e0172470_1232245.jpg


[PR]
# by itsunire4311 | 2012-03-18 02:10 | CAR

テニス221223

 ここのところ、2週に1回のペースでテニスができていて、実にいい。少し寒いが、真夏の豪夏に比べれば快適この上ない。秋冬春はテニスシーズンである。夏は避けたいというのが本音である。

 さて、今日はレッスンだった。サーブ&ボレーの形はかなり出来上がってきた。特にサービスからファーストボレーまではOK。次の3球目であるボレーで決めにゆく気持ちが強すぎて、ラケットを振りかぶってしまっている。もっとコンパクトに前でドロップボレー気味で充分のアドバイス。つまり3球目は詰め路を絶つようなショットだから、そんなに決め込みにいかなくていい。ファーストボレーでだいたいは決している。

 セカンドボレーは楽にいこう。
[PR]
# by itsunire4311 | 2010-12-24 00:49

テニス221123

 約2カ月ぶりにテニス。天気がいいのに雨がパラつく面白い天気。井の頭公園の木々が紅葉して、とてもキレイである。ついこの間まで猛暑で、オーバーヒートしながらテニスをしていたのが嘘のようだ。

 さて、久々のプレーだったが、意外に体が覚えていてくれた。区民大会の時の試合の感覚が残っていたので、サービスを含めてまあ何とか形にはなったし、何より試合勘があった。やっぱし真剣勝負をしないと、こうした感覚のバージョンアップはできないだろう。

 トッププロというのは、この感覚が1試合毎に物凄い勢いで上がっていって、非常に短い時間で世界のトップへと登り詰めるのではないだろうか。感覚というのは常人とそれ以外の選ばれし人では全く違うものだ。 
[PR]
# by itsunire4311 | 2010-11-24 20:11

楽天OPENテニス、観戦

 ナダルが初来日ということで、これはどうしても見ねばならんと。

 当日試合スケジュールが発表されるようで、ナダルはセンターコートの最終試合であることが朝、分かった。で、なんでもいいからとにかく行くぞ!ということで有明テニスの森へ。

 プレスパスを入手し、一般入り口とは別のプレス関係者向けの通路をトボトボ歩いていると、アンディー・ロディックが目の前に現れた!「うわっ、あれってアンディー・ロディックだよな!」。おそらく12時からの試合を終えて、インタビューや着替えを済ませて移動する最中だったのだろう。

 ワタシはミーハー魂炸裂で、ためらうことなくすぐに駆け寄り、早速握手を迫った。「Andy!」と控えめに呼びかけつつ、シェークハンズを迫る手は強引に、彼の前へと突き出した。「誰だ?こいつ(Who are you?)」といった表情だったが、見事握手をしてくれた。

 実はアンディー・ロディックのファンでしたので、舞い上がりましたね。浮かれながらセンターコートの中へ。メルツァー戦でした。しばし観戦し、プロの特にサービスの迫力に圧倒されつつ、1番コートで錦織がダブルスをするということで移動。

 そして移動の時に、またしても目の前をカートに乗って移動する錦織に遭遇。今度は同行した先輩が大興奮。行った甲斐がありました。

 錦織戦、コート満員御礼!やはり注目度高いですね。添田とペアを組んでいましたが、本戦さくっとまけました。

 そして本日のメインイベント。ナ・ダ・ル!会場は興奮の渦となりました。世界ランキング1位、王者ナダルを日本で見られるなんて。

 いや凄かった。何が凄いって、フォアですね。

 サービスは充分エースを狙えるものでしたし、どこに打っても返球するコートカバー力も恐れ入りましたが、フォアはトンでもないですね。あまりのスピン回転量でボールがひしゃげてました。回り込んだ時のフォアを日本で見られて、もう言い残すことはありません、お腹一杯です。

 それに、コートチェンジの時にペットボトルを綺麗に並べる様子や、お尻の穴に食い込んだパンツを気にする姿、両耳にかかった髪の毛をのける仕草、ルーティンの癖をナマで見られるとは夢のようでした。

 バモス・ラファ!
[PR]
# by itsunire4311 | 2010-10-07 23:51 | TENNIS

テニス220920

 久々のダブルス参加。19時からのプレー開始で涼しい!夜のテニスは日差しもなくて、やっぱりいい感じ。これからテニスのベストシーズンになる。

 今日は同時間の練習オフが中止になり、急いでダブルス主催者の方に連絡を入れたら、「まだ4名だからどうぞ!」と参加を許可頂いた。ラッキーでした。

 先日のシングルスの結果もあってか、比較的調子はよかった。サーブはダブルフォルトが記憶では一本くらいで合格点。ダブルスの勘をやや忘れたか、チャンスボールでわざわざ相手のいるところへ返球。これが反省点。接待テニスは不要です。

 サービスに少し自信がついてきた。
[PR]
# by itsunire4311 | 2010-09-20 23:44 | TENNIS