M's Bar/男の書斎・別室

コンパクト・ホットハッチ

e0172470_1191098.jpg
e0172470_1202476.jpg

e0172470_1204191.gif


 役者出揃う。

 ミニの《クーパー》、フィアットの《アバルト》、ルノーの《ゴルディーニ》の3車。 昔のようなチューンと今のそれは違うのだろうけれど、まず現代に復活させようという心意気やよし!日本のメーカーからは、そうした矜持があまり感じられない。ヨーロッパは特に、レトロ志向というか懐古調のムーブメントが出ているようだが…。

 それからまた、『カードを切っている』ような印象もある。『これぞ!』というカードを海外のメーカーは切ってきているような気がする。貧乏臭げに『過去の栄光のブランドは温存させよう』などと勿体付けていないところが好印象。アルファだって147の後継に《ジュリエッタ》の名前を持ち出すようだし、日本のメーカーは(勝手ながら)電気自動車、ハイブリッド車にばかり注力していてはいけませんぞ。魅力をアピールする方法は、一通りではないのですから・・・。

  
[PR]
by itsunire4311 | 2010-01-23 01:21 | CAR